タイムカードの記録の利用方法について

タイムカードは勤怠管理の基本情報として利用するもので、タイムレコーダーに専用の用紙を挿入すると、挿入時の時間を打刻してくれます。

また、挿入時の時間が、出社時刻時間の場合であれば出社の欄にスタンプが行われ、退社時刻の場合であれば退社の欄に打刻が行われるようになっており、タイムレコーダーが時間帯に応じて所定の欄に打刻出来るようになっています。



打刻された情報は一日の所定労働時間を満たしているかどうかのチェック、遅刻や早退の有無のチェック、残業をした場合の残業時間の集計などに利用されるものであり、タイムカードは勤怠管理に欠かせない存在です。尚、タイムカードは会社に出社した時と退社する時の2回必ず利用する事になりますが、うっかり打刻をする事を忘れてしまう事も在ります。

例えば、出社時に同僚と話をしながら入り口から入り、そこに置いてあるタイムカードを取らずに就業時間を迎えてしまうと言ったケースや、夜遅くまで残業をしていて、うっかり打刻するのを忘れると言ったケースです。

幅広い分野の視点からタイムカード情報選びをサポートします。

この場合は記録というものが残りませんので勤怠管理が正確に行えなくなってしまいます。
しかし、自己申告と言う形で届け出を提出することでボールペンなどを利用して勤怠管理などを行う従業員が記載をしてくれるため、残業をしたのにも関わらず残業手当が支給されないと言う事は在りませんし、出社時刻を守っているのにも関わらず遅刻になってしまう事を、届け出を提出することで回避させることが出来ます。

今までになかったYOMIURI ONLINE情報はこちらです。